再生医療技術から提供可能となった成長因子の注入、および、医師の臨床データから確立した特定低周波により毛母細胞を増殖させる新しい発毛技術を皆様に!

協会設立目的

この数年、発毛に係る医療技術が格段に進歩しています。

「ヒト脂肪由来幹細胞培養液」を100%配合したローション、立毛筋・バジル領域を活性化する特定低周波による施術、近赤外線によるコラーゲンの再合成の促進など、投薬に頼らない方法で発毛が体現できます。

一方、旧態の発毛・増毛は非常に高額であったり、投薬に依存するもの、効果が期待できないもの等、躊躇されている方が多くおられます。

当協会は、最新の再生医療技術を持つクリニックと理美容サロンが協業することで、だれもが受けられる発毛プログラムを提供できるサロンを普及させることを設立目的として、ひとりでも多くの方から薄毛による悩み・ストレスを解消することを使命としております。

◆設立目的 : だれもが受けられる発毛プログラムを提供できるサロンを普及させること

◆ミッション : ひとりでも多くの方から、薄毛による悩みを解消すること

投薬(飲み薬)でなく再生医療技術による発毛

再生医療の技術革新、ノウハウによって生まれた発毛プログラムです。
信頼できるクリニックと協業することにより、男性・女性、様々な薄毛に対して、理美容サロンを入り口として対応できるようになりました。

フィナステリドやミノキシジルの投薬によって発毛を促すのでなく、150種類以上の成長因子を含む純国産の「ヒト脂肪由来幹細胞培養液」を使用し、成長因子がキーとなりタンパク質の生成から、細胞再生を導きます。



脱毛原因、症状によっては、クリニックで薬を処方し発毛を促すこともできます。

低周波×近赤外線発毛システムによる発毛

40~1200Hzの特定周波数により、皮膚、体内組織を刺激し、血流、リンパの流れを促進し、また、幹細胞が内在する領域を刺激し発毛を促進します。

また、薄毛になる原因は毛包の中にあるコラーゲンが分解され毛包細胞が働かなくなることで薄毛になることがわかってきました。
EMMの特徴はコラーゲンペプチドを皮膚深部の毛包細胞に浸透させる効率が高い日本最初の機器です。約8週間で毛髪の直径が増加してなめらかな髪を自覚できる様になります。



クリニックと理美容サロンのコラボレーション・モデル

再生医療に経験豊富なクリニックのサポートを受けることで、理美容師が発毛知識を得るだけでなく、お客様に理美容サロンで完結しないケースに、クリニックでの治療を含めた提案が可能になります。

kyougyou
例えば、重度の方には、3ケ月コースで通院いただく場合も、クリニックでは月の第1週目に発毛治療を受け、第2~4週は毎週、理美容サロンで施術を受けることで、発毛から育毛に至るサイクル全般の費用を大幅に低減できます。

kyougyou3
また、クリニックとサロンは、発毛に係る治療/施術内容については、電子カルテ等で部分的に情報共有しますので、お客様には安心してクリニックとサロンに通って頂けます。

同じ意識を持つサロンが、薄毛治療・発毛・育毛の施術履歴・効果のデータを共有することで、お客様ごとの最適な方法を見極める手助けになるコミュニケーション・サークルとしても機能します。

掲載記事のご紹介

2016年11月30日発売
女性モード社
美容の経営プラン別冊
「男のヘアロス対策」
  • facebook
PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本美容理容発毛協会 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.